平成29年度作文集です


表紙をクリックすると作文集が表示されます。


楽しい学校生活

豊田市立 高橋中学校出身  
尾崎 時哉くん
 僕は中学1年生の途中から学校に行けなくなりました。そして、休み癖がついてしまい長期欠席をしてしまいました。「学校には行かないといけない」という思いはありましたが、体がついていけなかった。その後、中学3年生の時には学校の先生のおかげもあり、休まず学校に行けるようになりました。
そして、高校に入学し、始めはかなり緊張し不安なこともたくさんありましたが、友達もでき、よいスタートを切ることができました。しかし、4月にインフルエンザにかかり学校を休むことになってしまいました。中学校の頃と同じようなことがないように親や友達に相談することができたので、その後は学校を休まずに登校することができています。これからも友達を大切にし、学校生活も楽しく過ごしていきたいと思っています。


中学とは違う景色


豊明市立 沓掛中学校出身
尾崎 颯人くん
 僕は中学校時代と今の自分を比べて見ると真逆と言っていい程変わりました。
勉強が出来るようになり、いろんな人としゃべれるようになりました。中学の時は殆どしゃべれず笑うこともなく、成績も下の方でした。ですが、この学校に入り、成績は良くなり、級長代理を任されるようになり、学校が楽しいと感じるようになりました。学校生活にはやっぱり、人との関わり合いが重要なことが分かりました。
 一緒に笑って話せる仲間がいるだけで毎日が楽しくなることが分かりました。学校生活が楽しいと思ったのは初めてです。中学校時代とは見える景色も違っておもしろいと感じました。下ばかり見ていても何も得はないので、もし学校がつまらないと感じる人がいれば、苦手なことから目を背けずに、共に支え合える仲間を作り、一緒に努力すれば、少しは違う景色が見えてくることに気づいて欲しいと思います。今、感じているこの気持ちを忘れずに、今後の人生に生かしたいと思います。


メリハリ


名古屋市立 神の倉中学校校出身
前田 洋佑さん
 僕が小中学校と変わったことは、小中学校の時はずっとふざけっぱなしでしたが、高校になってメリハリをきちんとして、やるときはやるようになったことです。あとは、テスト勉強をちゃんとするようになったのと、友達と話すことが多くなったことです。頑張れば自分はできるんだと感じた。
 家から学校までは少し距離がありますが、自転車通学をし、マナーを守り、立派な大人になれるように日々頑張っています。勉強面で不安はありましたが、学習会で勉強をしっかりとしたことで驚くほど答えを書くことができたことは嬉しかったです。これからもいろいろな面で成長していきたいと思っています。


変われたことに感謝


稲沢市立 祖父江中学校出身
石原 梨紗さん
 私がこの高校に入学して変わったことは、積極的な性格になったことです。私は、中学校の頃は思っていても行動に起こさず、自分の感情をおさえてきました。でもこの学校に入学してみんな優しく私の気持ちに寄りそってくれる友達が出来て、自分に自信がつきました。自分の思っている事が言えるようになり、行動も自然と積極的になり、逆に「もっといろいろな事をやりたい」と思い、今まで無かったハングリー精神も生まれてくるようになりました。中学校時代が嘘のように変わって自分が自分じゃないみたいです。でもこうして変われた事はとても嬉しく、自分でも大きく成長できて、友達にもとても恵まれたなと心から思いました。この高校に入学して良かったなと思いました。


まさか・・・


豊明市立 沓掛中学校出身
佐々木 陽太さん
 自分は、中学校はだいたい1年ぐらいしか行けていません。行ってない2年間はフリースクールのような場所に行っていました。フリースクールに行っていた時もだいたい朝8時に起きて9時ぐらいに家を出てフリースクールに行くという生活をしていましたが、今は朝5時半に起きて7時半に家を出て高校に行くという普通の生活リズムに戻っています。
 勉強もキライで苦手だったけど、今は学校での勉強も好きになり6か月前の自分とは大違いです。正直、パンフレットに書いてあるような「今まで学校行けなくて勉強もキライだったけどこの学校に来たらちゃんと学校に行けて勉強も好きになった」と言うような作り話のような事が本当に起きるなんて思わなくて、だいたいそんな作り話のようなことは一部の人たちだけ、自分にはありえない話、ウソに決まっていると思っていたのでとても驚きました。今はとても毎日が楽しく一日があっと言う間に終わって気づいたらもう7月であと少しで夏休みと言う事にとても驚いています。今後もこんな感じで毎日過ごしたいと思います。


この学校にして良かった


保護者の声
 初めて学校を訪れた時に「おはようございます」なんとも気持ちの良い挨拶で今でも耳に残っています。人を創る、まさにこの言葉がぴったりの学校だと思います。個々の能力に対し寄り添った授業と環境がここにあります。この学校にして良かった。子供の笑顔を見た時、心からそう感じました。


不安だったが、安心できる


保護者の声
 息子は小・中学校と特別支援学級に在籍していたので、初めは授業についていけるのか、40人近くいる集団の中でみんなとうまくやっていけるのかと心配していましたが、毎日元気に通学する姿をみて、今では楽しく過ごしているんだなと安心しています。苦手だった早起きも頑張って自分から起きるようになり、嬉しく思っています。


これからが楽しみ


保護者の声
 子供がどうしてもこの高校に行きたいと初めて意見を言ったので、この高校を選びました。家から電車に乗って通学という事もあり、子供も私もかなり不安でした。「ちゃんと乗って学校に辿り着くかな?」、「迷子にならないかな?」と不安でいっぱいでしたが、今では私よりもしっかりしてきたと思います。先生たちもしっかり指導していただけるので安心して学校へ行かせる事が出来ます。子供の成長を共に喜んでくれる先生がいてとても感謝しています。今後も宜しくお願い致します。


笑顔が戻った喜び


保護者の声
 名情専に入学し、当初は何もかもが不安な様子でしたが、通ううちに自信がついてきたのか、表情も豊かになり笑顔でいろいろと話をしてくれるようになりました。まだまだ親として心配なことはありますが、子供に笑顔が戻ったことが何よりもうれしいです。


▲このページのトップへ戻る